キャットフードは可能な限り賞味期限内に食べきるのが理想です。しかしながら多めに買って、賞味期限が切れてしまったというケースもあると思います。そんな時にどの程度まで賞味期限は過ぎても大丈夫なのか、あるいは素早く捨てた方がいいのかということも悩むでしょう。

どこで賞味期限が切れた場合の具体的な対処法について、フードごとに紹介していきます。

参考記事:https://wanko-media.com/mogwan/

ドライフード

ドライフードの場合は未開封の場合賞味期限は約1年、開封後は1ヶ月程度です。また賞味期限が切れると酸化が始まり商品の品質、成分が急激に劣化します。保存状態や購入したものに含まれている添加物にもよりますが、賞味期限が切れた時に数ヶ月程度ならば健康に影響を与えることは少ないです。

ただし、猫も賞味期限が切れたフードはあまり食べません。数ヶ月過ぎた程度ならば、健康に害をなすことはあまりありませんが残っているフードの量が多い場合は捨てるのが無難です。

ウェットフード

ウェットフードの場合は未開封ならば、ドライフードよりも長く持ちますが開封後はすぐに食べきらないと実はどんどん落ちます。ウェットフードの場合は開けた瞬間から劣化が始まります。

完全に乾いて匂いも飛んでしまったフードは猫も食べません。私たちも炊きたてのご飯は美味しく食べられますが、数時間放置されて完全に乾いたご飯は味があまり変わりなくても食べたくないですよね。

それと同じで、ウェットフードの場合は開封後もって数時間程度しか持続しません。素早く食べきることが肝心です。未開封の場合賞味期限が過ぎたものは、カビなどが生えているケースが多いため捨てるほうが無難でしょう。

賞味期限が切れそうな場合は基本捨てる

賞味期限が切れそうな場合は、基本的には捨てて新しいフードを買うほうが余計なリスクが少なく安全です。猫も新しいフードの方が喜ぶでしょう。ただしドライフードで、残りが少ない場合は全てあげてもいいかもしれません。

賞味期限が切れ等で残りが多い場合は、少々もったいないですが、結局猫にあげても食べてくれないケースが多いため捨てるのが確実です。

賞味期限が切れると前述の通りまず酸化が始まります。これはフードが、空気中に触れているため起こる現象です。開封した時点で始まるため、可能な限り早めに食べきることが何より重要なのです。

賞味期限が切れそうな時に起こるのは酸化だけではなく、腐食やカビなどが発生することがあります。まず目に見えてこれらの現象が確認できた場合は、食べられる状態ではないため捨てましょう。

数日賞味期限が過ぎた程度ではこれらの現象は起こりにくいですが、フードによってはカビが生えやすいなどもあるため、賞味期限が過ぎた場合には確実にチェックしておきましょう。

また食べ残したものを保管するのも NG です。ウェットフードなどは特に開封した時点で劣化が始まるため、あげたものを再利用しても基本的には食べません。フードを食べずに1時間以上経過したらそのフードは捨てた方が、間違えて食べて健康に被害を及ぼすこともありません。

捨てる時は中身を可燃ごみで捨てて、缶などは資源ごみとして捨てれば基本的には問題ありません。ここは自治体によって多少異なる点ですので、捨てる際にはあらかじめ確認しておくといいでしょう。